所得税法と財務諸表論の授業をうける(税理士試験)


今日は、流石に疲れました。
というのも、財務諸表論の授業を2コマ分(DVD講座)、所得税法の授業を1コマ弱(カセットテープの通信講座)を受講したためです。

・勉強時間:1時間
・授業の時間:5時間
・仕事の時間:3時間

ちなみに、通学だと、「2コマ×3時間=6時間」ですが、財務諸表論はDVD講義で、しかも、1.3倍速・早送り・休憩なしで、受講しているので、なんと、「2コマ×1.5時間=3時間」で終わりました。やっぱ、授業圧縮の威力は凄いです。ただ、かなり疲れますけどね・・・
(参考:税理士試験の「DVD講座、通信講座」の真のメリット

所得税法は、カセットテープの通信講座なので、まさに倍速で聞ける状態なのですが、私が持っているウォークマンは、安価な旧式のウォークマンなので、倍速がないんですよね。仕方がないので、普通の速度で聞いています。暗記科目なので、まあ、いいかなと。

というわけで、圧縮しまくり、授業を聞きまくりで、かなり疲れた1日でした。

ちなみに、現在、私の収入は、「事業所得(青色申告)+給与所得」です。事業所得(青色申告)の確定申告は、完全に私1人でやっていますし、給与所得は、自分の会社の会計なので、同じく基本は私1人です。
※)会社に関しては、顧問税理士さんもいますが、格安なので、税理士さんに、全部を任せているわけではありません。

というわけで、かなり、「節税」に興味があります。

というわけで、所得税は、まだ一回目の講義を聞いただけですが、「こうやれば、節税になるかも」というアイデアが、実現可能かどうかわかりそうな雰囲気で、面白そうです。
てか、節税という観点から所得税を勉強する人って、税理士試験の受験生にはいなさそうですけどね(笑)

資格の学校
税理士試験なら、以下の2つがお勧め。管理人は、資格の学校(TAC)の税理士講座を受講中。管理人が、資格の学校 TAC(タック)で勉強している様子を公開!
資格の学校TACタック
DAI-X・ダイエックス

2008年10月の一覧〜税理士試験攻略の日記
年1千万円稼ぐ男が、税理士試験を攻略!のトップページ